AEDを知っていますか?心肺蘇生法を知っていますか?
        あなたの勇気で救える命があります

 トップページ
はじめに
 心肺蘇生
踏み出す勇気
 AED
救える命
 心臓震とう
子供を守ろう
 命の教育
命を思う心
 活動の歩み
ブログ
 リンク
仲間
 お問い合わ
メール


リンク
当サイトはリンクフリーとなっておりますので、AED普及にご賛同いただけるサイト様は、どうぞリンクをはってくださいませ。
Thank you

はじめに

目の前で人が倒れた時、その人を救命するために必要なのは難しい言葉や、複雑なスキルではありません。あなたの二本の腕と少しの知識、そして一歩踏み出す勇気です。
あなたの勇気で大切な命を明日に繋げることが出来るのです。
たくさんの方がAEDを知り、心肺蘇生法を学び、救命の心の根付いた社会が来ることを願っています。

私達は、一人でも多くの人に心肺蘇生法の大切さととAEDの必要性を知ってもらいたいと話し続けて来ました。そして学校教育の中で子供たちにも「救える命」がある事を知ってもらいたいと思っています。
小さな力も、長い時間をかけて大きな力になると信じ、話し続けて行こうと思っています。
           大阪在住  AKI




想い
私達は心臓突然死が誰にでも起こりうる事であるということを知っています。
しかし、それは他人事であって自分の身の上に起きて来るなどということは考えた事もないというのが現実です。ましてやスポーツ好きの元気な子供がスポーツ中に倒れてしまうことなど信じがたい出来事でした。

2004年5月27日 息子は学校で行われていたスポーツテストの1500m走を完走することなく逝ってしまいました。
彼が語った夢や希望は叶えられることもなくあの日で止まったままです。
思い出は抱えきれないほど残してくれました。
しかし息子にはもう明日も、未来もないのです

息子が旅立ってからすぐに「AED」というものを知りました。
そして、勇気を出せば「救える命」があるのだということを知りました。
そうであるならば、もう私達と同じ思いをする人がいてはいけない、希望に満ちた子供に明日は必ずやって来なければいけない、そして大人はそんな子供たちの明日を守ってやらなければいけないのだと思い始めました。
そして子供たちにも「救える命」がある事を知ってほしいと思っています。

すべての子供達が自分らしく、自分の色で「輝き続けて」くれる様願っています。
走り続けたかった息子も光に変わって「輝き続けて」いると信じています。

心肺蘇生法へすすむ

Copyright (c) 2008 輝き続けて All Rights Reserved